プレミアムSUVオールガイド

どのジャンルでもそうですが、上級になればなるほど、付加価値を求めるので合理性は低下する傾向あります。 大抵の場合、実用性なら中間クラスが最もバランスが良い。 suvが最上位クラスでも同様な事が言え、アピールポイントは走行性能も含むプレミアム&スペシヤリテイ。 をただし、実用性の効率が低下するとは言え、ゆとりあるボデイサイズは余裕のキヤビンスペースに繋がり一般的な用途では十ニ分な実用性を備えている。

ハリアー
ハリアーはそんなプレミアムSUVを象徴する一車である。 SUVらしからぬロングノーズのフロントマスクなど、アウトドア趣味のツールの印象は皆無。 キャビンは上級ワゴン的なインテリアや居心地、使い勝手を有し。クロカン的タフネスを思わせる演出もない。 つまり、悪路にも強い上級ワゴンなのである。 なお、販売ランク3位のレクサスNXとは姉妹車の関係にあり、スペック上では2LのNA仕様がハリアーに設定される以外は目立った差異はない。

トヨタNX
ただ、NXは車体剛性や静粛性などの向上を図った設計を採用しているので、走りの質感ではハリアーに優っている。 CX-8とアウトランダーはともに3列シートを設定しているが、CX-8はセカンドキャプ連シートとのセットでプレミアム感を高めるアイテムと言える。

三菱アウトランダー
アウトランダーはプレミアムな魅力でリードするPHEVに3列シートの設定の設定はなく、 PHEV車以外、特に3列シート車はミドルSUVと比較した方が現実的である。 走行性能面ではハイブリッド勢対ディーゼルのCX-8という図式だ。 先進感ではレンジエクステンダーに近いアウトランダーPHEVが魅力的だが、 いずれもプレミアムに相応な性能を備える。 走りの質感ではハリアーがやや劣るものの、乗り味の好みや使う状況との相性が判断の要点である。

マツダ CX-8

2列目キャプテンとディーゼルの走りが独自の味に 3列シート仕様のディーゼル車のみの構成。 セカンドシートはベンチとキャプテンの2仕様がありますが、注目はキャプテン仕様です。 スライド機構を備えたキャプテンシートは鉱石乗員の居心地を1ランクアップ。 基本的なインテリアの操作はCX-5と大差はありませんが、明らかに格上の雰囲気です。

これは同ジャンル他車に対するアドバンテージでもあります。 ディーゼルが言うまでもなく高速域のゆとりと燃費が見どころでトルクに乗せて回転を抑えた力感は格別。 キャビンも走りもライバル車とは一味違ったプレミアム感があります。

キャプテンシートがもたらすくつろぎ 7人乗りと6人乗りは単なる乗車定員の違いではなく、6人乗りの2列目キャプテンシートはキャビンのプレミアム感が一気に増す。 なお、直近の改良で7人乗りにも本革仕様を追加している。

ゆとりと燃費のディーゼルエンジン
パワートレインは走りの質感に定評のある2.2Lディーゼルターボのみ。 なお、cx-8/cx-5は近日改良を実施する模様で一部のグレードや装備の受注が止まっています。デミオ 値引き 限界

三菱アウトランダー

ガソリンのアウトランダーはアウトドア趣味のレジャーワゴンとして正統派ですが、実用志向のミドルSUVに近い位置づけになります。 プレミアムSUVと比べても実用面はトップレベルですが、プレミアム感も求めるならPHEVの存在感が圧倒的。

2018年8月に行われた改良で電動走行の動力性能や皇族r距離が向上し、走行感覚はハイブリッドと電気自動車が50%。 休息充電にも対応し、発電機搭載の電気自動車=レンジエクステンダーに近い。 重質な乗り味や静粛性の高さなどのプレミアムカーらしい味わいの先進感で、近未来志向のユーザーにイチオシです。

ホンダCR-V

2018年8月に4年ぶりとなるCR-Vが再デビューしています。CR-V 値引き額

プレミアムSUV

Copyright (C) 2007-2018 プレミアムSUV All Rights Reserved.